« 文化としての幽霊 イスラム圏に幽霊は出ない? | トップページ | 工藤俊作のこと サムライとは »

ホラーマンに学ぶこだわらない生き方

ホラーマン、すなわち「アンパンマン」登場キャラの一人。とりあえず悪の側に属しているが、積極的に悪をなすわけではなく、成り行き上そうなっている。それは、ドキンちゃんに片思いしているからだろう。

特殊能力はその修復力。骨の集まりなので、破壊されても自前ですぐ元通りになる。この点は、ジャムおじさん頼みのアンパンマンよりすごい。

打たれ強さといってもいい。これは精神面も含む。いくらドキンちゃんから冷たくあしらわれても全然気にする様子もない。つまり、いくら愛しても、当然に報われることまで期待していないのだ。だから、ストーカーのように愛が憎しみに転じることもない。

そこで臨床心理学。ホラーマン的な強さとは?

それは、こだわらない生き方。バイキンマンはアンパンマン打倒に燃えている。そしてアンパンパンは、平和を守り、人を助ける戦いを続けている。だから対決ドラマが展開するのだけれど、どちらも疲れる生き方だ。

つまり、両者はこうあらねばならないと、現実を変えることにこだわっている。しかし、ホラーマンは、現実を受け入れ順応することに徹している。こういった人は、絶望や悩みがない。

それが健全かといえば、そうではないだろう。生きがいまで失ってしまいそうだ。しかし、過剰なこだわりが人生をうまく回らなくさせていることは多い。だからバランスが必要である。

現実問題として、精神的な健康のためには、○○○しなければならない、といった思考法を過剰に持つより、これを○○○したほうがいい、に変換することだ。心理療法の一つ、論理療法の基本には、こういった考えがある。

« 文化としての幽霊 イスラム圏に幽霊は出ない? | トップページ | 工藤俊作のこと サムライとは »

ファンタジー文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホラーマンに学ぶこだわらない生き方:

« 文化としての幽霊 イスラム圏に幽霊は出ない? | トップページ | 工藤俊作のこと サムライとは »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ