« ゲール語のテイストを学ぶ6 Ta とNilの哲学 | トップページ | ゲール語のテイストを学ぶ7 Ta’ の用例 »

サッカーとサムライ魂

WーCUP 日本チームが勝つのは、サムライ魂による、とすれば、スウェーデンチームが勝つ場合には、バイキング魂、アメリカチームがかつ場合には、ヤンキー魂、今回アイルランドチームは出場できなかったけど、この場合はケルト魂ってことか。

このブログ的に行くとすれば、もっと掘り下げたい主題である。つまり、プラトン的に考えると、「サムライ魂」を定義したいものだ。ぼちぼち今後の題材にしてみよう。

そもそも、明治維新とは、徳川家を筆頭とするサムライ社会を壊滅させる政治変動であった。しかし、魂だけが残っているのだろうか。僕的には、”佐幕”であるから、この点でも気になる。

第一、今の菅総理なんて、”奇兵隊内閣”なんて言ってるぞ。この人、本物の長州人らしい。明治維新の続きがあるのかな。一般国民にとっても、重大事項だ。とはいえ、先の”宇宙人”よりずっとこっちの世界の人ではある。

でも、率直にいえば、奇兵隊的組織は、サッカーにこそ向いていると思う。

« ゲール語のテイストを学ぶ6 Ta とNilの哲学 | トップページ | ゲール語のテイストを学ぶ7 Ta’ の用例 »

日本思想史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サッカーとサムライ魂:

« ゲール語のテイストを学ぶ6 Ta とNilの哲学 | トップページ | ゲール語のテイストを学ぶ7 Ta’ の用例 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ