« アイルランドのガーディニング | トップページ | 新社会人のためのプラトン主義入門 その4 »

アイルランドみたいな日

今日は穏やかな晴れだが、昨日は日が差す中、雨が降る妖しい天気。おまけに風も強かった。黒雲を背景に、満開を過ぎた八重桜が散っていくさまが不穏なイメージを感じさせた。

日本の伝承では、天気雨の日に狐の嫁入りを見る話がある。黒澤明の映画「夢」の中にも狐の嫁入りのシーンがあり、この伝承のイメージを的確に描いていた。でも、「彼ら」は基本的に関わってはいけないものでもある。これはアイルランドの伝承でも同じ。

しかし、アイルランドの妖精譚に「天気雨」が関わっている例は聞いたことがない。それは「天気雨」が日常的すぎることもあるだろう。ただし、突発的な自然現象、たとえば突風などに妖精を関与させる例があったと思う。

アイルランドのめまぐるしく変化する天候は、生きた自然を感じさせるには十分である。このイメージが妖精に結びつくのはわかりやすいと思う。その場所が荒地の古城だったり、ストーンサークルなどであればなおさらである。

日が長くなった。かの地では、妖精に出会いやすい日とは、夏至という伝承がある。別に妖精目当てに行くことはないが、白夜に近いそのころのアイルランドは、実にすばらしい。とりあえず、グーグルアースで空から見て見るかって、ためしてみても雲ばかりだったりする。

« アイルランドのガーディニング | トップページ | 新社会人のためのプラトン主義入門 その4 »

アイルランド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448947/34453693

この記事へのトラックバック一覧です: アイルランドみたいな日:

« アイルランドのガーディニング | トップページ | 新社会人のためのプラトン主義入門 その4 »