« 千葉大生殺害事件について(凶悪犯罪者の認知世界) | トップページ | ベッキー・クルーエルとゲール語(マン島語) »

ゲール語のテイストを学ぶ4 挨拶一般

Dia duit  ジーア グイッチ こんにちは

Sla’n スラーン さようなら 

Gabh mo leithsce’al ガ モ リスケル すいませんが、、、

Go raibh maith agat ゴ ロー マァーガッド ありがとうございます

Ta’bro’n orm ター ブローン オルム ごめんなさい

ゲール語にはとりあえずつづりに対応する読み方がありますが、複雑です。その他、かなり発音に結びつかないつづりがあります。以上の例は、なんとか日本語のカタカナに対応させましたが、もちろん日本語の発音とはかなり異なります。

少し例をあげてみます。

a は あ でだいたい良いですが、上に点が付くと(a’)、(原則)音を伸ばします。しかし、この場合、日本語の あ と お の中間の音になります。

ですので、上にある 「さようなら」 は、スラーン、でもスローンでも間違いではありません。

« 千葉大生殺害事件について(凶悪犯罪者の認知世界) | トップページ | ベッキー・クルーエルとゲール語(マン島語) »

ゲール語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲール語のテイストを学ぶ4 挨拶一般:

« 千葉大生殺害事件について(凶悪犯罪者の認知世界) | トップページ | ベッキー・クルーエルとゲール語(マン島語) »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ