« ゲール語のテイストを学ぶ4 挨拶一般 | トップページ | フィギュアSP 鈴木明子とアイルランド »

ベッキー・クルーエルとゲール語(マン島語)

ベッキー・クルーエルは、Manx schoolgirl と英語サイトで紹介されている。本名のRebecca Flint のフリントはマン島系の姓だろうか。

マン島語(Manx)はゲール語の一つであるが、1974年にネイティブの話し手が亡くなって一旦絶滅した。しかし、復興運動でなんとか復活した言語のようだ。そもそも、ケルト語系の感触では、マンは真ん中を意味する(シャレではなく)。つまり、ブリテン島とアイルランド島の中間だから、マン島。

なんとか僕の資料の中からマン島語を発見することができた。

心、cree(クルー)

アイルランドゲール語では、croi(クリー)だからやはりよく似ている。

マン島の公教育でマン島語を学ぶことができるなら、彼女の少しはできるかも。そういえば、ウェールズのシャルロット・チャーチは、ウェールズ語の唄も歌っている。特有の巻き舌がなかなかかっこいい。

« ゲール語のテイストを学ぶ4 挨拶一般 | トップページ | フィギュアSP 鈴木明子とアイルランド »

ゲール語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベッキー・クルーエルとゲール語(マン島語):

« ゲール語のテイストを学ぶ4 挨拶一般 | トップページ | フィギュアSP 鈴木明子とアイルランド »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ