« クリスマスのこと | トップページ | エンヤのこと »

新宿紀伊国屋書店へ行く

新宿紀伊国屋書店へ行った。出版社の人と、待ち合わせの場所に使ったからだ。これは新しい本の出版計画のため。その内容は、わかりやすい資産運用を予定しているが、大きな書店は、最近の関連図書をリサーチする格好の場所でもある。

早めに行って参考となる本を買ったり、関連書籍見てまわった。金融の分野はいまだに肌に合わない。あまりにサバサバした人工的な分野であるし、何か普遍的な発見があるというわけでもない。しかし知れば知るほど、収入を得ることができるし、こういった仕事のオファーも来る。

口直しに、心理、哲学分野も見てまわった。学生のころ大いに影響を受けた本は、今もしっかりいいポジションで売られていた。自分の古巣はやはり居心地がいい。いくつか、ご紹介したい。

新・心理診断法 片口安史

これは、日本でロールシャッハ診断法を学ぶ者にとって今も基本書らしい。1974年に世に出たが、現在17版を重ねている。ただし、片口先生は亡くなってしまったので、これが最終版だろう。

分析哲学入門 全5巻 ジョン・ホスパース

絶対のお奨めである。いわば言葉の哲学。物事をきちんと筋道立てて考えるトレーニングの本と考えればいい。極めて応用度の高い哲学書といえるだろう。ビジネスでも、日常生活でも大いに使う余地がある。

利己的な遺伝子 リチャード・ドーキンス

哲学以上に哲学的な生物学の本。大いに知的好奇心を満足できるだろう。私たちの身も心も、遺伝子たちの乗り物である。このドライな世界観を身につけると、この世を一味違って味わうことができる。

« クリスマスのこと | トップページ | エンヤのこと »

思想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448947/26527785

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿紀伊国屋書店へ行く:

« クリスマスのこと | トップページ | エンヤのこと »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ