« 新宿紀伊国屋書店へ行く | トップページ | 愛について 戦国編 »

エンヤのこと

今年紅白に、エンヤ(Enya)が登場するらしい。これを記念して、エンヤのことを書いてみよう。

私は、彼女自身には会ったことがないが、彼女の故郷の村で彼女の父には会ったことがある。彼女の郷里、アイルランド、ドネゴール県のグィドー(Gweedore)に、父であるレオ氏のパプを訪ねたからだ。このあたり、どんなところかといえば、1時間車を飛ばして、出くわしたものは羊の群れだった。そんなところである。

その夜のイベントは、レオズナイト、つまりレオ氏がアコーディオンを弾きながら取り仕切る音楽イベントだった。あらかじめご挨拶をしておいたら、はるばる日本からの来客として村人たちに紹介をしてくれた。何かやれとのことであるので、手持ちのアイリッシュ・フルートを演奏してみた。畏れ多いことに、レオ氏が伴奏してくれた。

ダウンバイ・ザ・サリーガーデンズを演奏してみた。観客たちは、少しづつ唱和してくれたので、やがて大きな合唱となっていった。すばらしかった。誰もが一つの歌を歌うことができる場、今の日本にそんな場所があるだろうか。今、日本では、世代や階層によって、歌の文化はズタズタに分断されているのだ。

グィドーのあたり、日本でいえば津軽半島の山の中のようなところだ。ただし、ただの田舎ではない。この村をあたりには、エンヤをはじめ、世界中でCDを売ることのできるミュージシャンが輩出している。

これは驚異的なことだと思う。しかし、この夜、僕はその理由がわかったように感じた。大地にガツンと音楽の文化が根ざしているからだ。大地の力を借りて、人々は音楽を創造する。エンヤの故郷とは、そんなところなのだ。

« 新宿紀伊国屋書店へ行く | トップページ | 愛について 戦国編 »

アイルランド音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エンヤのこと:

« 新宿紀伊国屋書店へ行く | トップページ | 愛について 戦国編 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ