« ゲド戦記 炉辺の光景 | トップページ | 現代サンスクリット語 »

呪術と上場企業

最近の日経記事の話だ。某上場企業(建設)が、DVD教材を作って地鎮祭のノウハウの伝承を始めた。株主対策も大変だが、神様たちにも対応が必要なのだ。

地鎮祭とは、その土地の神様に対して、「これからあなたの土地をちょっとほじくってお騒がせしますけど、どうか祟らないでください」と挨拶をすることである。一応神道の儀式なのだが、宗教というより呪術といった方がいい。

日本の世界的な上場企業が呪術してる!これは人類史的には健康なことかも知れない。神様なしにコトが進むなんて近代以降の特殊事情だから。

だが、やはりスゴイことだと思う。ビル・ゲイツがインターネットの神様とコンタクトする自分だけの秘密のサイトを持ってるとか、フォードの本社には、自動車の神様を祭る神殿があるとか、よく考えるとそれくらいのインパクトがある話だ。

« ゲド戦記 炉辺の光景 | トップページ | 現代サンスクリット語 »

民俗学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 呪術と上場企業:

« ゲド戦記 炉辺の光景 | トップページ | 現代サンスクリット語 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ